RSS | ATOM | SEARCH
30回噛んでいますか?

5年前にこの本を見て、ジョコビッチの食べ方を真似た事があるが、完璧は難しい!

 

確か、テレビ、ラジオ、スマホ等を排除して、食べ物だけに集中する。

一つの食材を口の中に入れたら、フォーク(お箸)を置く。

よく噛んでその食材を味わい、唾液でしっかりと団子状にして胃袋に送る。

そして、次を口に入れる。

 

腹八分を意識した時期とも重なって、真似できそうなところをチョイスした。

 

・スマホを見ながら食べることはないが、テレビは時々点けていた。

 

・ひと口入れたら、お箸は置くようにして、30回噛んだ。

 

・長く噛んでいると、面倒臭いという思いが出てきたりするが、馳走された方々を想像できたり、その食材自体のことなどを考えて、それは良かった。

 

・大皿の盛り付けから、ワンプレートにして、最初に食べる量を決めた。

 

・食べ放題には行かなくなった。貧乏性は元を取ろうと食べ過ぎてしまう。

 

ゆっくり食べると満腹中枢を刺激するので、お腹いっぱいを防げる。

もっと食べたいと思う日もあったが、3ヶ月もすれば確実に胃が小さくなって、

例えば、回転寿司に行けば、お皿の枚数が減り、たまの定食屋さんでは食べ過ぎに感じたので、ご飯を少なめにしてもらっていた。

 

 

先日は、博多で勉強会があったが、昼食は男性の先生方数人で定食屋さんへ入ると、みんな食べるのが早い!早い!

限られた時間というのもあるかもしれないが、ひと口5回くらい噛んで飲み込んでいる。

いつもは一人か奥さんとゆっくり同ペースだが、この日だけはペースを合わせて頑張りました。

 

そういえば先日、精神科病棟に勤務する看護師さんが、仕事中は何があるか分からないから、緊張したまま5分で食事を済ます。その癖が日常にもあって、毎日食べるのは早いと言われていた。そして時々、便秘と下痢を繰り返す。

 

早食いをしたからといって、個人差もあるのでみんなが体調不良を訴えるわけじゃないが、そのような習慣が続けば、色々なストレスが重なった時や年齢が増すほどに問題が起こる可能性がある。

 

スポーツ競技でパフォーマンスを最大限に発揮しなければならない人が食事の管理を怠ると、極限状態に近づいた時に、あともう一押しという部分が精神的にも肉体的にもイマイチと感じる事が多いという。

 

 

 

うるうカイロプラクティック院

鹿児島県霧島市国分野口町18−22

TEL 0995-46-1941

 

author:潤 昭治(うるう しょうじ), category:日日是好日, 21:18
comments(0), -
Comment