RSS | ATOM | SEARCH
うるうカイロニュース69号発送しました。

うるうカイロプラクティック、整体、鹿児島県、霧島市、国分、腰痛、肩こり、膝

 

パソコンの不具合があり、予定より1週間遅れで、なんとか郵送できました。

 

今回のテーマは『20歳巻き戻せ‼』

 

身体に支障をきたす原因は、構造的な問題、精神的な問題、栄養的な問題、環境的な問題など様々ですが、

 

今回は構造的な姿勢や動作に的をしぼって、おすすめのエクササイズを一部掲載しました。

 

生活スタイルは人それぞれですから、長年の様式で身体の肉づきや柔軟性もいろいろ。

ですから、流れ作業的な器具による筋トレは、効果を感じる人と、逆に身体を傷めてしまう人がいる。

 

これまでは、「10年後の自分の健康は自分で作っていくのです。動きなさい」と伝えてきましたが、

 

久しぶりに身体を動かすとなると、錆びついたところは傷めてしまう事例が多々ありました。

 

ですから今回は、筋骨隆々へのトレーニングでなく、使っていない筋肉、関節への刺激的なエクササイズで、綺麗な姿勢や正常な関節可動域へ回復させる。結果、症状も軽減するというものです。

 

ご一読いただけたら幸いです。

 

 

うるうカイロプラクティック院

鹿児島県霧島市国分野口町18−22

TEL 0995-46-1941

 

author:潤 昭治(うるう しょうじ), category:日々のいろいろ, 15:17
comments(2), -
Comment
うるうカイロニュース届きました。ありがとうございます。私も早朝の体操と筋トレをやっていますがその内容が正しいのか形は正しいのかなど考えるときがあります。正しい姿勢で行うことが重要ですがこれが正しいのかと確認できないところが悩みどころです。

ランニングのときは胸をねじりながら走ったほうがいいのでしょうか。今まではただ腕を振っていたのですが胸までは意識していなかったのですがどうなんでしょうか。
てらし, 2020/03/07 6:01 AM
てらし 様

胸のねじりは意識しなくて良いと思います。

これまでは意識しても、硬い所は動かず、柔軟な所が過剰に動く形でした。

現在も高負荷をすれば、そのような状態になると思います。

ですから、横隔膜や中殿筋などの硬い所(抑制状態)を減らして、腹筋や大腰筋など体幹筋が連動できる形にするべきです。

1ヶ月おきに負荷を強めるよう、慣らして行けば良いと思います。

うるう, 2020/03/07 9:28 AM