RSS | ATOM | SEARCH
平均寿命と健康寿命

段の昇降による膝の痛みを施術前後で確認します。

 

昨年の南日本新聞に健康寿命に関するお話がありました。

 

日本人の平均寿命は2017年調べで、男性81.09歳、女性87.26歳でした。

 

これに対して健康寿命は、男性72.14歳、女性74.79歳です。

 

健康寿命とは、健康上の理由で日常生活が制限されない期間を指します。

 

健康寿命と平均寿命の差が男性は約8年間、女性は約12年間あり、この差を減らすことが大切です。

 

誌面でキーワードとなったのが『フレイル』です。

フレイルとは健康と要介護状態の中間で、加齢に伴って筋力や認知機能など心身の活力が低下していくことを指します。健康な人ならなんでもない風邪やちょっとした転倒から要介護状態に陥りやすいのです。

 

フレイルに陥らないポイントは、栄養と運動と社会とのつながりです。

 

写真のEさん(77歳)は昨年に旦那様を亡くされ、それまでの長い看病生活で自宅にこもりがちでご自身の体力も低下させていました。

今回は手の不自由さや膝の痛みで来院されましたが、骨盤や背骨、頭蓋骨などを調整することで動きやすくなったので、以前通っていた体操教室に再入学してもらいました。そして多くの人たちと和気あいあい身体を動かすことで、夜もぐっすりと眠れるようになり、表情も生き生きとしてきました。

 

やはり重要なのは社会とつながり、常に脳を刺激することです。

 

 

 

 

 

うるうカイロプラクティック院
住所 899-4342 霧島市国分野口町18-22
電話番号 0995-46-1941【予約優先】
営業時間 
月〜金 9:00〜13:00/14:00〜21:00
土 曜 9:00〜13:00/14:00〜18:00
定休日 日曜日
クレジットカード VISA/Master/JCB/American Express/Diners Club/DISCOVER
駐車場 あり

author:潤 昭治(うるう しょうじ), category:ストレス&長寿対策, 10:25
comments(0), -
Comment