RSS | ATOM | SEARCH
ロードレーサー西薗選手のメンテ:シューズで微調整

うるうカイロプラクティック院は海外で自転車ロードレーサーとして奮闘する西薗良太選手をサポートしています。

 

ペダリングの違和感に対してインソールにシムを挿入したり、クリート位置を微調整したりしている。

落車を境にしてペダリングに違和感が発生しており、それは身体に歪みなどの異常が起こっている可能性がある。今流行のシムを入れれば微妙に使いづらかったペダリングが軽快になるかもしれないが、いずれ2次的、3次的な問題が起こってくる。

横隔膜から腸腰筋の機能連鎖

落車の影響による胸郭の硬さを確認したので、横隔膜や肋間筋を調整して、拮抗する腸腰筋との機能を改善した。

腸腰筋が回復することで脚の長さや動きの違和感が解消されました。

腸腰筋(1:大腰筋 2:腸骨筋) 解剖学アトラスより

 

自転車の推進力になる接点はペダルなので、そこに接地する足は多大な力が加わってくる。骨折や成長異常による解剖学的な短下肢などの左右差があったり、土踏まずなどアーチ形状に個人差があればシムの活用やクリートの調整は有効に思う。



診療のご相談・ご予約は 0995-46-1941 へ
うるうカイロプラクティック
鹿児島県霧島市国分野口町18−22

author:潤 昭治(うるう しょうじ), category:施術例:スポーツ, 10:01
comments(0), -
Comment