RSS | ATOM | SEARCH
嘔吐下痢後に腰痛

腰痛は小学生から高齢者まで幅広く、腰痛にいたる原因も様々です。

構造的・精神的・栄養的・環境的な問題が複合していることもあるので、

うるうカイロ院は痛みとの関連を探り、痛みの改善と再発防止を目指します。

 

 

腹部の膜緊張改善で復活(高校生 霧島市)

 


リンパ器官 人体の構造と機能より
 

へっぴり腰で治療室に入ってきたN君は腰が痛くて背すじを伸ばせられない。


冷え込んだこの日は身体に力が入っていたのか、授業中に痛み出した。

 

普段、腰痛はないし、こんな事は初めて。

 

最近、ケガやトラブルがなかったか質問すると、

先日法事があって、来られた僧侶はくしゃみ、鼻水が酷かったらしい。
その後、家族全員が嘔吐下痢で苦痛を味わったのが6日前の事。

ベッドに寝てもらうが、あお向けは腰の痛みで脚を伸ばせないので膝を立てたまま。
しばらくゆっくり安静にしてから、お腹や胸郭に触れると異常に硬い。

 

小腸も免疫系の一つとして頑張ったと思われる。

 

内臓テクニックで柔軟性を回復させると脚を伸ばせるようになった。
起きるときに多少の痛みはあったものの、まっすぐ立って動けるようになりました。

 

腹筋、腹膜の緊張で拮抗する背筋とのバランスが崩れていたのでした。

 

 

 

うるうカイロプラクティック院

鹿児島県霧島市国分野口町18−22

TEL 099-46-1941

author:潤 昭治(うるう しょうじ), category:施術例:腰痛, 17:14
comments(0), -
Comment