RSS | ATOM | SEARCH
日本舞踊、膝をふんばれない

胆嚢の機能と関係します (70代 女性 霧島市)

 

日本舞踊をするが、特に右膝に力が入らず、しゃがむ動作ができない。


5年前に変形性膝関節症の診断。右膝の水を2回抜く。
2年前から膝関節にヒアルロン酸の注射(現在3週間に1回)

洋菓子が大好きで、ほぼ毎日食べている。

 


【整形学検査】
★チルドレス・ダックワルド・テスト《関節半月の検査》

整形外科学検査法より
足先を開いてスクワットを行い、外側関節半月に負荷をかける。


足先を閉じてスクワットを行い、内側関節半月に負荷をかける。陽性の場合、痛みや音がする。


膝の諸検査で踏ん張りは弱いが痛みはない。

 


【筋力検査】
膝窩筋

筋機能評価法より
 

右大腿四頭筋に筋力低下。
膝裏を支える膝窩筋は両側とも筋力低下。膝窩筋は胆嚢の関連筋です。



【治療】
内臓テクニックで胆のう機能向上を図りました。

脂肪分の消化に関係する胆嚢ですが、関連する膝窩筋の弱化を正常に。
 

 

第3腰椎と膝を支える大腿四頭筋
解剖学アトラスより

 

腰椎から出る大腿神経(青色)は大腿四頭筋とつながっています。

腰椎を整えて膝の踏ん張りが復活してきました。
 

 

食べたものが身になる

食事を見直してもらい、からだの中から綺麗になることを心がけてもらいました。

週1回の治療で踏ん張りは早々に良くなり、1ヶ月も過ぎると手足の冷えも無くなりました。

 

 

 

うるうカイロプラクティック院

鹿児島県霧島市国分野口町18−22

TEL 0995-46-1941

author:潤 昭治(うるう しょうじ), category:施術例:ひざ, 17:59
comments(0), -
Comment