RSS | ATOM | SEARCH
膝の痛みで立ったり座ったりが

身体の傾きを修復して膝良好(70代 女性 霧島市)

 

 

【経過】

3ヶ月くらい前から、仕事の立ったり座ったりで膝が痛みます。

膝に炎症が起こり、お世話になる近所の内科で湿布をもらう。

1ヶ月前から痛みが増して、明け方に痛みで目が覚める。

 

8年前より原発性胆汁性肝硬変でお薬を服用中。

薬を服用するまでは、かなり身体のだるい期間があったが、現在は安定している。

 

【当カイロで諸検査】

膝関節の可動検査:靭帯や半月板は異常なし。

膝前面に炎症あり。

姿勢を観察:写真のように左へ重心が傾く。

 

施術前:上半身は背中が丸まり左に傾く。

施術後:偏りが減ってきました。背スジが伸びてウエストが細くなった。

 

【施術】

膝の炎症部位はアイシング。

肝臓を包む膜の緊張をゆるめて姿勢が良くなってきた。

深呼吸をすると胸郭の可動域に左右差があるので、可動性を改善。

体が動きやすくなり、リンパ循環も良くなり膝の炎症が引きやすくなります。

 

青は最大呼息、赤は最大吸息時の胸郭と横隔膜 解剖学アトラスより

 

 

 

うるうカイロプラクティック
鹿児島県霧島市国分野口町18-22

診療のご予約・ご相談は TEL 0995-46-1941 へお気軽に御連絡下さい。

author:潤 昭治(うるう しょうじ), category:施術例:ひざ, 16:33
comments(0), -
Comment