RSS | ATOM | SEARCH
階段で膝関節に痛みを感じ出して

 腹腔鏡オペ後の癒着を緩めて良好に (50代 女性 姶良市)

 


施術前の確認 段差を昇り降りすると右膝内側に痛みがあります。
 

 

無理をした記憶もなく膝の痛み続く

上図の台を上ったり降りたりしてもらうと、右膝内側が痛む。

靭帯や半月板に問題は無さそうなので、右膝に関係する骨盤や腰椎の歪みを調整すると、右膝の痛みが消えました。

 

 

痛みの原因をきちんと治療できているか?

痛む部位ばかり対処して、痛みの原因をおろそかにすると、自然治癒は起こらず痛みが再発してきます。

今回は治療後に良い状態をキープできているか、その場で1〜2分ほどぴょんぴょん飛んだり動いたりした後に、再び台を昇り降りすると、膝痛が再発してきました。

 

膝の痛みに関係する原因が他にあるという事です。
 

 

手術縫合部の癒着が
H様は半年前に大腸の腹腔鏡手術をされているので縫合部の確認をしました。

5カ所ある縫合部を触診させていただくと、1カ所に異様な硬さを感じます。

その縫合は腹筋群を貫いており、内腹斜筋の層で過緊張を起こしていました。


骨盤に付着する腹筋群を指す。内から腹横筋、内腹斜筋、外腹斜筋 ネッターより

 


内腹斜筋の過緊張を手技で

縫合部周辺の筋肉が抑制状態で骨盤を不安定にさせていたのでしょう。

再び、ぴょんぴょん飛んでも、段差の昇り降りによる痛みは無くなりました。


右の大腿四頭筋の遠心性収縮を確認。筋が収縮しながら伸張する動作。

 


QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を下げないように!

縫合部の癒着はいずれ起こります。また身体が痛みで教えてくれるので、その情報を見逃さないように。
変形しやすくなる高齢期を迎えるにあたって、QOLを下げず、
バランスの良い身体を維持する事が大切です。
 



うるうカイロプラクティック
鹿児島県霧島市国分野口町18−22

TEL 0995-46-1941

author:潤 昭治(うるう しょうじ), category:施術例:ひざ, 21:03
comments(0), -
Comment