うるうカイロプラクティック院 霧島

カイロプラクティックを通じて身体と心の健康情報を発信!
鹿児島県霧島市国分野口町18-22【駐車場完備】
【予約性】TEL 0995-46-1941 お陰様で27年目
<< 骨折じゃなくて良かった。問診と整形外科学検査法(オーソぺディックテスト)で確認 | main | 練習再開による痛みは、落車後にトリガーポイント発生 >>
頚椎に負担、うつ伏せ寝が楽なので抱き枕を活用してもらう
0

    毎朝の頚部痛、スッキリ起きたい (30代 男性 霧島市)
    第4頚椎から出る横隔神経(19)が横隔膜(21)へつながる 解剖学アトラスより

     

    ここ1ヶ月ほど、毎朝の寝起きで首の後ろに重苦しい痛みを感じ、しばらくすると気にならなくなる。
    小さいころからいつも、うつ伏せで左を向いて寝る。

    奥様の指摘で最近、猫背がひどくなってきた。スマホは下を見すぎ。


    むち打ちの既往歴はなく、航空操縦士では環境など特別に変化はないので、悪姿勢の積み重ねと判断。

    視診・触診では、胸郭が硬く、呼吸が浅い。第4頚椎は左を向いたように歪んでいる。




    身体のアンバランスを整えて第4頚椎の動きも改善すると、横隔膜が緩んで呼吸が楽になってきた。

     

    加齢と共に体は硬くなるし、スマホの下ばかり向く姿勢は歪みを増幅しやすい。
    たまに抱き枕を使ってうつ伏せが楽というヒントを頂いたので、常時使用して、少しでも首に負担のないようにします。

     

     

     

    うるうカイロプラクティック院

    鹿児島県霧島市国分野口町18−22

    TEL 0995-46-1941

    | 潤 昭治(うるう しょうじ) | 施術例:首・肩こり・頭痛 | 08:59 | comments(0) | - |









    スタッフ紹介
    カテゴリー
    最新のページ
    リンク集
    + MOBILE
    qrcode