うるうカイロプラクティック院 霧島

カイロプラクティックを通じて身体と心の健康情報を発信!
鹿児島県霧島市国分野口町18-22【駐車場完備】
【予約性】TEL 0995-46-1941 お陰様で27年目
<< HANA KITCHEN さんへ | main | エアロンカ2は店内禁煙 >>
自由形泳法、膝がしならない
0

    水泳で推進力低下(小5 女子 姶良市)
    うるうカイロプラクティック、鹿児島県、霧島市、水泳、クロール、自由形、推進力、膝の過伸展、しなり、バランス、筋膜、アナトミートレイン、
    11:膝関節は基本的な伸展姿位から他動的伸展5〜10°の過伸展ができる カパンディ関節の生理学より

    コーチと母親の話しで、自由形泳法を観ていると左右のバランスが悪く、タイムと見た目の推進力も低下している。特に痛みはなく、他のデータから疲労蓄積でもなく原因が分からないので診てほしいとの事。

    立位姿勢を観察すると両膝はそろっているが、仰向けで膝関節を床方向に押すと、左膝は遊び(過伸展)がないので、バタ足のしなりが使えていないと予想。

    左足首の屈曲・伸展も硬く、脛骨と腓骨間の骨間膜にも過緊張を確認したが、下肢を傷めた記憶はないので他を調べる。

     

    上部頚椎に歪みがあって、ここは姿勢制御系の大切なところ。相当な練習量からして自由形は息継ぎの偏りの影響か?

    ラセン線の筋膜ラインをイメージして上部頸椎を矯正すると、膝関節の遊びが復活してきた。

    下腿の骨間膜自体の過緊張が残っていたので緩めると膝の遊びがかなり復活。

    息継ぎのアンバランスを指摘して、結果的に3回施術して推進力は安定している。
    ラセン線 アナトミー・トレインより


    診療のご相談・ご予約は 0995-46-1941 へ
    うるうカイロプラクティック院
    鹿児島県霧島市国分野口町18−22

    | 潤 昭治(うるう しょうじ) | 施術例:スポーツの痛み・機能性改善 | 07:53 | comments(0) | - |









    スタッフ紹介
    カテゴリー
    最新のページ
    リンク集
    + MOBILE
    qrcode