RSS | ATOM | SEARCH
頭痛について

いろいろな頭痛

日頃から慢性の頭痛に悩まされている人、いわゆる「頭痛持ち」は日本人の3人に1人くらい。

「頭が痛い!」といっても、症状や原因は様々です。

風邪や二日酔いによる頭痛、偏頭痛のような慢性的な頭痛は、命に別状はありませんが、

激しい場合は吐き気や起き上がることも出来ないなど日常生活に支障が出ることもあり困ったものです。

また、くも膜下出血などのように緊急を要する危険なものもあります。

 

 

頭痛の原因
頭痛の原因も様々、頭部(脳内)の血液循環の異常、首から肩にかけての筋肉の過緊張、頭蓋骨のゆがみ、神経の異常などですが、これらを引き起こすものとしては、悪い姿勢、偏った身体の使い方、不規則な生活、顎関節や歯の異常、眼精疲労、外傷、運動不足、睡眠不足、喫煙、ストレス、疲労、その他

 

 

構造的問題による頭痛へアプローチ

頭部は7つの首の骨(頚椎)とその周囲の筋肉によって支えられています。頚椎から横に出ている突起には脳にいく大切な血管(椎骨動脈)を通す穴があり、この血管を保護しています。このため頚椎にゆがみが起きると、椎骨動脈はちょうど水道のホースを捻ったようになり、血管の中を血液がスムーズに流れなくなります。その結果、 脳内の血液循環が阻害され頭痛の原因となります。また、頭部に近い部分の頚椎の間からは後頭部と側頭部の知覚を司る神経が出ているので、この部のゆがみは後頭部、側頭部の神経痛の原因となります。

左回旋に伴う右椎骨動脈の伸張を表す 整形外科学検査法より
 

頭を支える筋肉は頭や首、肩をつなげています。これらの筋は頭蓋骨や頭蓋骨にかぶさる丈夫な膜(帽状腱膜)につながっています。このため首から肩にかけての筋肉に異常な緊張(こり)やアンバランスがあると、頭蓋骨や帽状腱膜に異常な牽引力がかかり、頭蓋骨のゆがみを起こし、頭痛の原因となります。
カイロプラクティックでは頚椎のゆがみや頭蓋骨のゆがみ、頸部の筋の緊張やアンバランスを整えることによって頭痛の構造的問題に対処します。
 

頭部にある帽状腱膜 アナトミー・トレインより

 

 

内臓の機能的問題による頭痛へアプローチ
頭痛と直接関連のある臓器は腹部や胸部の臓器ではなく頭部の臓器、例えば眼、耳、鼻などが代表的なものです。

この部の異常は眼の奥の痛み、頭の重い感じ、頭の中にモヤがかかったような感じの頭痛の原因となります。
カイロプラクティックでは眼、耳、鼻などの機能的な異常に対して、周囲の頭蓋骨の矯正などにより、

これらに対する圧迫や血液循環の異常を改善することにより頭痛にアプローチしていきます。
 


精神的な問題
による頭痛へアプローチ
悩み事や困った問題があると「〜は頭が痛い問題だ」とか「頭痛の種」という表現をよく使います。

このように精神的なストレスは直接頭痛の原因となります。

また、ストレスにより首・肩の筋が緊張を起こしたり、呼吸が浅くなって酸素摂取量が減り、

脳のわずかな酸素不足を起こしたり、ストレスに反応して脳の視床下部が過敏になるなど、間接的に頭痛の問題となります。
カイロプラクティックではストレスの元となった感情に焦点を当て、解放していきます。


 

機能性頭痛

  片頭痛 (8.4%)

  緊張型頭痛 (15歳以上の日本人が経験する頭痛のうちの22.3%を占める)

  群発頭痛および慢性発作性頭痛

  器質的病変を伴わない各種の頭痛
症候性頭痛  何らかの疾患や薬物などが原因
  頭部外傷に伴う頭痛
  血管障害に伴う頭痛
  非血管性頭蓋内疾患に伴う頭痛
  原因物質あるいはその離脱に伴う頭痛
  頭部以外の感染症に伴う頭痛
  代謝障害に伴う頭痛
  頭蓋骨、頚、目、鼻、腹鼻腔、歯、口、あるいは他の顔面・頭蓋組織に起因する頭痛あるいは顔面痛

神経痛
  頭部神経痛、神経幹痛、求心路遮断性疼痛
その他
  分類できない頭痛






診療のご相談・ご予約は 0995-46-1941 へ
うるうカイロプラクティック
鹿児島県霧島市国分野口町18−22

author:潤 昭治(うるう しょうじ), category:頭痛について, 16:42
comments(0), -
Comment