RSS | ATOM | SEARCH
登山後の膝痛が長引いて

反対の膝をかばっていました(姶良市 60代 女性)

 

うるうカイロプラクティック、整体、腰痛、霧島市、膝の治療、ひざの痛み、

段差を降りてもらって、治療前後の痛みを確認します。

 

10日前に高隈山系の大箆柄岳に登ったら、想像よりもアップダウンが激しくて右膝が痛くなった。しばらく様子を見ていたが、なかなか痛みが引きません。

 

うるうカイロプラクティック院、整体、鹿児島県、霧島市、整形学検査、膝、ひざ、整形外科学検査法より

 

膝の諸検査で、上図の引き出しテストで、左膝にグラつきを確認しました。

 

右膝は屈曲しづらい組織の過緊張と骨盤が歪んでいる。

 

数年前に草原で転んで左膝の靭帯を傷めたことがあって、膝の不安定さがある。

過度に負荷がかかり過ぎて、ご自身の限界を超えると問題を起こしてしまう。

 

骨盤や胸郭を整えると、段差降りの膝痛は消えました。

 

登山を楽しまれるのであれば、このような痛みのない左膝の不安定は、普段から階段の上り下りをして、登山の負荷に見合ったトレーニングが必要です。さらに登山時に適切なテーピングやサポーターで軽く安定させておけば安心ですね。

 

 

 

うるうカイロプラクティック院

鹿児島県霧島市国分野口町18−22

TEL 0995-46-1941

お気軽にご相談ください

 

author:潤 昭治(うるう しょうじ), category:施術例:ひざ, 16:03
comments(0), -
Comment