RSS | ATOM | SEARCH
自転車トレーニング中の腰痛を無くしたい

ペダリングの違和感は足首捻挫の痕が (40代 男性 霧島市)

 

うるうカイロプラクティック、整体、鹿児島県、霧島市、国分、腰痛、捻挫、ペダリング、クリート調整

シューズとペダルをカチッと一体化できるクリートは、ミリ単位で前後・左右・回旋と調整できます。


 

最近、室内練習用のローラー台を購入されて、負荷を掛けた練習量が増えてから腰痛を感じだした。

クリートに左右差

以前からぺダリングで右下肢に違和感があり、自己流でクリート調整を繰り返してきた。
現在では前後に4mmの左右差がある。

 

骨折や成長の問題で足の長さに左右差があればクリート調整が必要です。

プロは落車で体にダメージを受けても翌日はレースを継続しなければならない場合に、ペダリングがしっくり来なければクリート調整をしますが、あくまでも一時しのぎなので早急に身体のメンテナンスを行い、早々にクリートも元に戻します。

筋膜、アナトミートレイン、うるうカイロプラクティック院、霧島市筋膜、アナトミートレイン、うるうカイロプラクティック院、霧島市

筋筋膜のラセン線の軌道 アナトミー・トレインより

足首の固有受容器
右足は昔の内反捻挫の影響で関節にズレを確認、小指側の外側アーチが偏平足で閾値異常を起こしています
体の機能連鎖は上図のように下肢から上半身へつながるので、使い方によってライン状のどこかに無理が生じます。サイクリングレベルでは大丈夫でしたが、強い負荷の連続で体が悲鳴をあげたのでしょう。

 

外側アーチ(立方骨)と下腿筋膜を修正して脳に正常な機能をインプット。

徐々に負荷を高めたペダリングができるようになりました。

 

 

 

うるうカイロプラクティック院

鹿児島県霧島市国分野口町18−22

TEL 0995-46-941

author:潤 昭治(うるう しょうじ), category:施術例:スポーツ, 09:52
comments(0), -
Comment