RSS | ATOM | SEARCH
太陽の拝礼

太陽の拝礼

スーリヤ・ナマスカーラ

太陽の拝礼(スーリヤ・ナマスカーラ)は、アーユルヴェーダの運動です。身体の主要な筋肉を伸ばして強くし、関節を滑らかにし、背骨を整え、内臓の諸器官をマッサージします。身体全体の血流が増し、血液循環が促されます。規則的に行うと、安定性、柔軟性、順応性、優美さが備わってきます。

 

 

□この運動は12の動作を1セットとして、数セット行う。
□1セットを1〜2分として、滑らかにゆっくり動く。無理はしない。
□1回目が完了して、合掌の姿勢のまま、2、3回呼吸を続け、それから2回目に入る。
□1回目のい鉢は右足が前ですが、2回目は左足が前になる。
□呼吸は深く楽に行い、それぞれの動きに呼吸を調和させる。

□回数は体調を観ながら少しずつ増やせばよい。

□呼吸が荒くなる、汗がたくさん出る、疲れてくる、このようなことに気がついたときは、横になって、呼吸が楽になるまで1、2分休む。

□規則的に続ければ、自然に、楽に、何回でもできるようになる。

□太陽の拝礼が終わったら、仰向けで目を閉じて1、2分休む。呼吸は自由にする。背骨をまっすぐにして、体を完全に弛緩させる。

 


合掌の姿勢(サマースティティ)

足先をそろえてまっすぐ立った姿勢から始める。左右の足に均等に体重をかけ、背筋を伸ばして立つ。つま先重心やかかと重心でなくセンターを意識する。手の平を胸の前で合わせる。まっすぐ前を見て胸を張る。

 


手を挙げた姿勢(タダアーサナ)

息を吸いながら、ゆっくりと手を頭の上の方へ伸ばしていく。背筋を伸ばし、胸を反らせ、顔も上を見る。次の姿勢に移るまで息は滑らかに吸い続ける。
 


手を足に近づける姿勢(ウッタナアーサナ)

息を吐き、背骨、腕、首を伸ばしながら、体を前に曲げていく。膝は柔らかく自由に曲がるようにし、手を床に持っていく。胸を縮めたり背中を丸めたりしないように。肘や肩の力を抜く。膝は突っ張らないようにする。規則的に続ければ、足も背骨も柔らかく柔軟になってくる。


騎手の姿勢(アシュヴァ・サンチャラナアーサナ)

息を吸いながら、左足を後ろに引いて膝を床に付ける。右足は、膝を折り足の裏を床にぴったりと付けて、体重を支える。背骨を伸ばし、胸を張る。頭と首は伸ばしてまっすぐ立てる。



山の姿勢(アドームカ・スヴァナアーサナ)

息を吐きながら、右足を後ろに引いて左足にそろえる。足は腰の幅に、手は肩幅に開く。両手で床を押して腰を上げる。背骨は後ろ上方へゆるめる。かかとを伸ばして床に近づけるようにふくらはぎを伸ばす。頭と首は力を抜いて楽にする。体は腰を中心にVの字を逆さにした形になる。腰から手に向かう線と腰から足に向かう線は同じ傾きになる。



八つの手足の姿勢(アシュターンガ・ナマスカーラ)

両膝を静かに床に付け、上半身をゆっくりと滑らせるように下げていき、胸と顎を床に付ける。体の八つの部分、左右のつま先、両膝、胸、両手、顎が床に付く。この姿勢をほんの少しの間保ち、次の姿勢に移る。



コブラの姿勢(ブジャンガアーサナ)

息を吸いながら、両手で床を押し、胸を上げていって前に押し出す。肘を締めて背骨を上の方へ伸ばす。胸を広く開く。肩は下に落として、首と頭を楽にする。背中が広がり伸びるようにする。この姿勢を作るとき、頭を先に持ち上げたり首から体を持ち上げたりしない。



山の姿勢(アドームカ・スヴァナアーサナ)

5番目の姿勢をもう一度繰り返す。息を吐きながら腰を上げ、両手で床を押して背骨を後ろ上方へ伸ばすようにする。かかとは床に近づけ、ふくらはぎを伸ばす。頭と首は力を抜いて楽にする。



騎手の姿勢(アシュヴァ・サンチャラナアーサナ)

4番目の姿勢を繰り返す。息を吸いながら、右足を両手の間に引き寄せる。左足は伸ばしたままにし、膝は床に付ける。右足は曲げて足の裏全体を床に付ける。背骨を伸ばして胸を張る。頭と首は上に伸ばす。



手を足に近づける姿勢(ウッタナアーサナ)

3番目の姿勢を繰り返す。息を吐きながら左足を引き寄せ、前屈した姿勢を保つ。背骨全体を伸ばす。頭と腕は背骨の線の延長になる。両手を床に付けたままにする。膝は柔らかくして自由に曲がるようにする。胸を縮めたり背中を丸くしない。肘と肩は力を抜いて楽にする。



手を挙げた姿勢(タダアーサナ)

2番目の姿勢を繰り返す。息を吸いながら手を上げていき、胸を反らす。頭や首から体を持ち上げないように注意する。上半身を起こし、胸を反らして広げる。手を頭の上方に伸ばす。息は滑らかに連続して深く吸い込む。



合掌の姿勢 (サマースティティ)

最初の姿勢を繰り返す。息を吐きながら腕を下げ、手の平を胸の前に合わせる。足は腰の幅に開いて直立する。まっすぐ前を見て胸を張る。背骨と首をまっすぐに伸ばす。

載っけておくので活用ください。『クォンタム・ヘルス』より

 

 

 

うるうカイロプラクティック院

鹿児島県霧島市国分野口町18−22

TEL 0995-46-1941

author:潤 昭治(うるう しょうじ), category:エクサ&トレ理論, 11:09
comments(0), -
Comment