RSS | ATOM | SEARCH
顔面神経麻痺!競技と仕事がハードで

自律神経を整えて(30代 男性 霧島市)

 

 

 

5日ほど前から片側の顔面麻痺が続くUさん。

グチュグチュうがいで口の端から水がこぼれたり、まぶたを閉じきれずに目が乾いて痛む。

 

先の脳外科では、画像と血液検査(帯状疱疹)ともに異常なしで、漢方薬を処方。

 

※帯状疱疹が内面に発生して顔面神経に悪影響する場合があり、これをほったらかしにすると、取り返しのつかない場合があるので、早めの検査は必須です。

 

バドミントン県民体育大会が近く、練習がハードだった。加えて、仕事のパソコン作業で夜更かしが重なり、頭痛、肩こり、腰痛から顔面麻痺に。

心身の疲労を抜くように、自律神経系、迷走神経へ1週間で3回のアプローチ。

頭痛、肩こり、腰痛は消えて、顔の麻痺も本人談で90%まで回復したということで、なんとか大会に間に合って良かったでした。

特に寒い時期は、外界のストレスを受けやすいので皆様もご自愛下さい。

 

 

 

うるうカイロプラクティック院

鹿児島県霧島市国分野口町18−22

TEL 0995-46-9141

author:潤 昭治(うるう しょうじ), category:施術例:頸・肩こり, 17:34
comments(0), -
Comment