うるうカイロプラクティック院 霧島

カイロプラクティックを通じて身体と心の健康情報を発信!
鹿児島県霧島市国分野口町18-22【駐車場完備】
【予約性】TEL 0995-46-1941 お陰様で27年目
<< 毎朝、ノミ探しブラッシング | main | 朝日がまぶしい >>
ヘルメット被ります!脳震とう後は慎重に
0

    うるうカイロプラクティック、鹿児島県、霧島市、脳震とう、脳震盪、頭痛、

    南日本新聞より

    脳震とうの自覚症状

    もし、いつもと違う症状があれば早めに画像検査を。

    意識消失 ケイレン 健忘 頭痛
    頭部圧迫感 首の痛み 吐き気・嘔吐 めまい
    ぼやけて見える ふらつき 光に敏感 音に敏感
    ぼんやりする 霧の中にいる 何かおかしい 集中できない
    記憶できない 疲労 混乱 眠い
    感情的 イライラする 悲しい 不安・心配

     

     

    頭部外傷による硬膜下血腫

    原因のほとんどが頭部外傷で、血管損傷から出血を起こす。

    慢性硬膜下血腫のように微量の出血で3週間から数ヶ月かけて血腫が作られて、

    頭痛や吐き気・嘔吐を起こすものもあるのでご注意を。


    頭蓋外傷による硬膜外血腫

    ネッター解剖学アトラスより

    側頭部の骨は薄いので外傷で骨折することが多い。

    側頭窩の内面に中硬膜動脈があるので、損傷で硬膜外血腫となる。

    症状として受傷直後は意識障害を呈するが、脳体の一時損傷が少ない場合、すぐに意識は回復する。

    しかし、血腫の増大によって徐々にあるいは急速に意識障害を呈する。

     

    ヘルメット必須

    ロードバイクの転倒で鎖骨骨折が多いことからも分かるように、身体側面から地面に落ちることが多い。なので頭部も側頭部打撲が多い。3年前に私が落車した時もヘルメットの左側面が割れて、ヘルメットが衝撃を吸収してくれて助かった。ヘルメットも進歩しており、お金をかける価値がある。

     

    ・MIPS 保護システム

    MIPS(Multi-directional Impact Protection System、多方向からの衝撃に対する防護システム)は、脳外科医と科学者により設計され、落車時、角度の付いた衝撃が頭に加えられたときにも、脳に掛かる回転力を低減する。MIPS企画のヘルメットは各社から販売されています。

     

    ・WaveCel は、ボントレガーの頭部保護技術で、標準的なフォームヘルメットより48倍もの脳震盪の防止効果を持つ。

    詳しくは、HAGIBOW BIKEWORKS へご連絡ください。

    WaveCelについて詳しく学ぶ

     

    | 潤 昭治(うるう しょうじ) | 日々のトレーニング&回復 | 20:14 | comments(0) | - |









    スタッフ紹介
    カテゴリー
    最新のページ
    リンク集
    + MOBILE
    qrcode