RSS | ATOM | SEARCH
骨折じゃなくて良かった。問診と整形外科学検査法(オーソぺディックテスト)で確認

転んで痛みが増してきたので安心を得たくて(60代 女性 姶良市)

 

玄関の段差で滑って、尻と背中をぶつけたが、しばらくして背中が痛くなってきたので市販の湿布で様子を見る。

1日経って背中の痛みで朝なかなか起きれなかったので、うるうカイロへ電話。

 

先に医療機関でレントゲンを勧めたが、1時間も2時間も待つのが嫌という事で電話口で少し質問。

・痛みは転んだ直後でなく、しばらくしてから。骨折の場合、その直後から激痛。

・骨折していれば寝返りは苦痛だが、夜は痛みで目が覚めることは無かった。

・肋骨の骨折やヒビがあれば咳をすれば激痛だが、息が止まるほどひびかない。

・跳べば痛いが跳べない事はない。

 

以上の会話から運転も出来そうだったので来院してもらい、さらに検査を行いました。

 

○痛む部位は熱感はあるが、腫れ・内出血は観られない。

 

○胸骨・肋骨圧迫テスト

ゆっくりと胸骨や肋骨に圧をかけて、限局的な疼痛部位を確認する。

整形外科学検査法、オーソペディックテスト、うるうカイロ、整体、霧島市、図解 整形外科学検査法より

 

○パーカッションテスト

棘突起とその周辺をハンマーで打診して、関節や組織の損傷部位を確認。

骨折の確認で肋骨も打診したが痛みなし。

パーカッションテスト、肋骨骨折検査、うるうカイロ、霧島市、整体、整形学検査法より

 

筋肉など組織の損傷と判断して、アイシングと骨盤・胸郭の歪みを微調整。

筋繊維を傷めた上背部はテーピングでサポートして、動きやすくしました。

何かあればいつでも LINE で連絡してもらうという事で。5日後に良好と連絡いただいてひと安心。

 

 

 

うるうカイロプラクティック院

鹿児島県霧島市国分野口町18−22

TEL 0995-46-1941

author:潤 昭治(うるう しょうじ), category:施術例:いろいろ, 18:53
comments(0), -
Comment